• 光熱費を削減しよう!
  • 太陽光発電ならシャープです。
  • 太陽光発電のしくみを理解しよう!
  • 補助金の活用で太陽光発電を無理なく導入しよう!
  • CO2を削減して地球温暖化防止に貢献しよう!
  • 太陽光発電のしくみを理解しよう!

    環境に優しい、災害や停電などの非常時に役に立つといったメリットから注目され、導入する家庭やビルなどが増えている太陽光発電ですが、実際にどのように発電するかご存知でしょうか?

    太陽の熱を集めて電気を作るんでしょ!?

    と確かにその通りではありますが、実際に発電し、ご家庭でくまなく電気器具や機械を動かすエネルギーを得るまでには、多様な機器や伝達の流れが必要になります。

    簡単に太陽光発電のしくみを理解しておきましょう。

    必要となる設備には、主に太陽電池モジュール、接続箱、パワーコンディショナ、分電盤、売電・買電器があります。

    太陽電池モジュールというのは、みなさんが、太陽光発電といえばイメージするであろう、家の屋根やビルの屋上に取り付けられた太陽の光を集めて電気エネルギーを作る装置です。

    太陽電池モジュールで作られたばかりの電気エネルギーは直流電力なので、そのままでは、家庭で使うことができません。

    ここで作られた電気エネルギーは、次に、接続箱を通って、パワーコンディショナへと送られます。
    パワーコンディショナは、送られてきた直流電力を家庭で使用できる交流電力に変換します。

    そして、分電盤は、家庭内の至るところに、交流電力を配電して、電気の使用を可能にする流れを作りだします。

    売電・買電器の役割は、既存の電力会社との電力のやりとりになります。

    現在の技術においては、100%太陽光のみの自家発電で電力を賄うことはできません。

    雨の日や曇りの日など太陽光が集まらない時や、太陽の出ていない夜間は、発電ができず、基本的に電力は蓄積しておくことができないので、電力会社から電力を購入する必要があります。

    逆に、日射量が多く家庭で使う以上の電力を発電できた時には、電力会社に電力を売り、買い取ってもらう制度ができています。

    制度が開始されたばかりで、買取単価も高く設定されています。

    また、電力会社は安定供給のため、自然エネルギー以外の、火力等を使った発電を行っていますが、家庭からの太陽光による余剰電力の供給が増えれば、その分、発電を抑え、CO2の排出量を抑えることが可能になり、社会全体としてみて、環境に優しいエネルギー体制ができあがります。