• 光熱費を削減しよう!
  • 太陽光発電ならシャープです。
  • 太陽光発電のしくみを理解しよう!
  • 補助金の活用で太陽光発電を無理なく導入しよう!
  • CO2を削減して地球温暖化防止に貢献しよう!
  • 光熱費を削減しよう!

    太陽光発電のメリットといえば、CO2の排出を抑えて地球温暖化防止に貢献できること、災害時の非常電力として役立てられることのほか、光熱費の節約という大きなメリットが期待できます。

    太陽光発電の導入には大きな金額が必要にはなりますが、今のところ、国の補助金や、地域によっては都道府県や市町村単位で助成金も支給されて、初期費用における経済的な負担が軽減されますし、毎月の光熱費の節約のメリットを考えれば、初期投資額の回収も、比較的早く済みそうです。

    初期投資は大きくても、長い目で見れば、電力会社から電気を買って暮らすより、ずっと安上がりな生活ができるのです。

    例えば一般的なご家庭をモデルケースに考えてみます。

    太陽光発電を導入しない、いわゆる、電気と都市ガスをご利用のご家庭の年間当たりの光熱費総額が25万円とし、これを100%の基準においてみます。

    この点、太陽光発電システムを導入し、かつ、都市ガスとの併用を行う場合の年間光熱費は、およそ6万円程度と予想され、約75%のマイナスになります。

    さらに、太陽光発電システムとオール電化を組み合わせると、年間光熱費は、なんと1万円程度にまで抑えることができ、95%を超える削減率を達成できるそうです。

    オール電化住宅で太陽光発電システムを設置すれば、光熱費が約25分の1になるうえ、2012年7月から始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、余剰電力を1KWh当たり、42円という高単価で電力会社に売ることができます。

    日射量が多くたくさん発電できる住宅で、かつ、昼間は電気をあまり使わない、もしくは、電気の使用を控えているというご家庭では、ちょっとした収入になりそうですね。

    逆に、太陽の光がなく発電できない夜間は、電力会社から電力を購入することになりますが、余り電力需要のない夜間は、深夜電力の契約をすることで、従来より、ずっと安く電力を購入でき、電気料金を抑えられます。

    このように、昼間必要な電力は太陽光発電で賄い、余剰電力は売電し、夜間の電力は安い深夜電力料金で購入するという3つどもえのメリットで、光熱費の大いなる削減が期待できそうです。