• 光熱費を削減しよう!
  • 太陽光発電ならシャープです。
  • 太陽光発電のしくみを理解しよう!
  • 補助金の活用で太陽光発電を無理なく導入しよう!
  • CO2を削減して地球温暖化防止に貢献しよう!
  • 補助金の活用で太陽光発電を無理なく導入しよう!

    京都議定書に基づく環境問題への取組や、チームマイナス6%などCO2削減への国全体を挙げた取り組みのもと、CO2を排出しないクリーンな電気エネルギーである太陽光発電を普及させようという政策が取られてきました。

    そして、東日本大震災による災害時の停電等や、原発事故による電力不足、放射能汚染による脅威をキッカケに、国としても、さらに積極的に、自然エネルギーへの転換が図られようとしています。

    これは個人家庭においても同様で、以前は、地球環境に優しいからなど、社会貢献的な意味合いで太陽光発電を検討していたのに加えて、災害時の非常電力として、自らの生活基盤や暮らしを守るために、太陽光発電の導入を検討する人が増えているようです。

    最近では、初めから太陽光発電付きの戸建て住宅やマンションも増えてきましたが、既存住宅においては、設備の設置を新たにしなければなりません。

    それには、やはり、それ相応の費用が必要となり、各太陽光発電メーカーの技術の進化や競争により、従前に比べれば安くなってきたものの、まだまだ高額で、太陽光発電の設置には、数百万円単位の費用が必要になります。

    必要性を感じても、資金の面からあきらめるという方もいることでしょう。

    そこで、太陽光発電の普及促進のため、国および一部の地方公共団体では、補助金を出して、設置を後押ししています。

    国による補助金は、一般社団法人太陽光発電協会、太陽光発電普及拡大センター、略称J-PECが運営管理しています。

    補助金を申し込めるのは、住居に太陽光発電システムを設置し、電力会社に売電できる契約を締結した個人、個人事業主、マンション等の管理組合の管理者、法人となります。

    対象となる太陽光発電システムは、メーカーがJ-PECに登録した10KW未満のシステムで、補助対象経費が1KW当たりが55万円以下で発電できるもの等の要件を満たすものに限定されます。

    補助金の額は、太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり55万円以下の場合は30,000円、47.5万円以下の場合は35,000円となります。